MUTE.log

マンガ、うまいもん、旅、そしてエンターテイメントについて、だらだら書いていきます。

マンガ

モリコロス「のぼさんとカノジョ?」(2)

モリコロス「のぼさんとカノジョ?」2巻朝時点で読了済。金城さんの残念ぶり、のぼくんの天然たらしっぷり、カノジョの言動がいちいち素晴らしい。カバー裏のネタってカノジョ?=女性で確定ですかw(あののぼさんは同性から嫌われそうw) あと、アルバムに…

増田英二「実は私は」(2)

増田英二「実は私は」2巻読了。よくもこんだけ残念な人たちを固めたなというヒロイン陣の構成でニヤニヤが止まらなかったw 1巻のときのどこぞのレビューで読んだ「知られていないつもりなのは本人たち+アナザルだけなのではないか」というのがしっくり来る…

瀬川藤子「屋上の君」

必要以上に勝手にハードルあげてしまったことが原因で辛口の内容になっていますが、どう考えても良い作品ですので、その点ご容赦下さい。 瀬川藤子「屋上の君」読了。表題作の短期連載と読切1本の構成。表題作も面白かったが「おじちゃん」のバックストーリ…

麻生みこと「海月と私」(1)

麻生みこと先生の新作新刊「海月と私」1巻が紙と電子の両方で同時発売。 http://t.co/opbpxyHBM4— どなどな@Kindleマンガウォッチャー (@donayama) 2013, 8月 6 麻生みこと「海月と私」1巻読了。ひなびた温泉の料理旅館を舞台にした人情ドラマ。もちろん麻…

中村尚儁「1/11 じゅういちぶんのいち」(6)

1/11の新刊、本編読了。蛇足っぽい第二部になったらやだなあと思っていたが、そんな心配を吹き飛ばす上々出来だった。特に第一部の最終エピソードに登場するアイテムをフックにした第二部最初のエピソードはもう一段高みにあがったストーリーテリングをする…

ヤマモトマナブ「リピートアフターミー」(1)

ヤマモトマナブ「リピートアフターミー」1巻読了。事件回避型タイムリープもの(同じ日型)だけど変化球として主人公だけではなく、もうひとりの記憶が継続するという仕掛け。主人公の行動によりドミノ倒しな因果関係の変化が起きているのか、伏線が見当たら…

記伊孝「アニウッド大通り」1巻

記伊孝「アニウッド大通り」1巻読了。とよ田みのる先生の熱いAmazonレビューに釣られて購入。大正解! 真駒家の面々もその周辺も良い人たちでいっぱい。昭和40年代生まれなら、ぼくより一層響くんじゃないかな? ニコニコ静画での連載→ http://t.co/U1jW7R6o…

松本剛「ラストマウンド」

松本剛「ラストマウンド」読了。店頭で興味深いあらすじとなぜこれが一迅社から?という興味から読んだが、かなりグッとくるスポーツもので良い出会いでした。テレビのスポーツキャスターという主人公を据えることで選手との適度の距離感が物語に深みを与え…

乙ひより「お友達からはじめましょう。」(1)

乙ひより「お友達からはじめましょう。」1巻読了。社交性欠如の残念美少女が主人公…というと結構類型はありそうなんですが、その双子の弟(社交性はあるけど交通事故で部活不可で腐って…ってこれも…)の話とがある程度の話数で交互に展開されて、徐々に交わ…

岩岡ヒサエ「なりひらばし電器商店」(2)

なりひらばし電器商店2巻読了。読んでるだけで、ほんわかニヤニヤできて何とも素晴らしい作品。未来の話のはずが、むしろ懐かしいテイストなんだから面白いよね。— どなどな@Kindleマンガウォッチャー (@donayama) July 25, 2013 なりひらばし電器商店(2) (…

板倉梓「なぎとのどかの萌える不動産」(1)

板倉梓「なぎとのどかの萌える不動産」1巻読了。事故物件♪みたいな不動産業あるある的な4コマとかなのかと思ったら、結構ストーリーもしっかりしていて、シリアスな香りのする伏線も張られている作品でした。続刊も楽しみ。試し読みはこちら http://t.co/O2W…

二星天「京都ゆうても端のほう」(1)

コミ担ustで紹介されていた二星天「京都ゆうても端のほう」1巻、購入&読了。オカルトを軸にした(ミステリィ+人情+観光もの)÷3?w ストーリーの流れ、登場人物陣の言動も良い。貴船のEPは特に好きだなw 続刊が楽しみ。試し読みはこちら http://t.co/iON…