MUTE.log

マンガ、うまいもん、旅、そしてエンターテイメントについて、だらだら書いていきます。

大量のコンテンツをKindleアプリ(iOS版)にダウンロードしていると異常終了してしまう問題について

ぼくが頭を悩ましている問題のひとつに大量のタイトルを放り込むとKindleアプリが起動後30秒程度で異常終了するという現象があります。

おそらくid:kanoseさんがまとめられているこの記事もその現象についてだと思われます。(5月段階には既知の問題だったんですね…)

Kindleアプリには、利用できるストレージ容量に制限がかけられている - ARTIFACT@ハテナ系

ぼく自身もAmazonのカスタマサポートに何度かQ&Aしてもらっているのですが、仕様的に制限があるという風には聞いていなかったので、手持ちの情報を書いておきます。

(なおblogやSNSへの公開についてもサポートからOKを頂いています。念のため)

ちなみに一度こうなってしまうと、一旦端末とKindleの紐づけを解除後、一旦Kindleアプリをアンインストール→インストールし直すという流れを踏む必要があります。マンガの冊数が多いと再ダウンロードだけで鬼のような時間がかかるのです…。

iOS版Kindleで格納可能な容量制限(アイテム数制限)は存在するのか?(仕様上、安定動作保証のしきい値はあるのか)

<回答>アイテム数の制限等は設けておりません。しかしながら、300、400冊以上大量ダウンロードしていると、不具合が生じる可能性がございます。

運用している感覚で言うと400冊前後のコンテンツが端末内に入り出したころに不調を来しはじめますが、明確な境界値は分かりません。

内部的にvNodeの割当が出来なかったというエラーメッセージを吐き出してるので、その辺のログなどをAmazonには渡しています。

端末側残容量不足である場合のアイテムダウンロードに対する防御策などはされているのか。

<回答>iPad端末側で何らかのエラーが表示されると存じますが、Kindleアプリ自体では表示されませんことを何卒ご了承ください。

補足するとデバイス内の残容量が100MBを切ってるようなケースでもガンガンダウンロードされてくることにより自爆してるのではないかという疑いを当時持っていました(し、今もそうだろうと思ってる)。

PaperWhiteにあるようなコレクションによる分類、もしくはフォルダ的な階層管理を出来るようにしてほしい。

クラウドアイテムの、デバイスの分類格納につきましては、お客様のご意見として担当部署へ申し伝えたうえで今後Kindleに関するサービスの改善に努めてまいります。

iOSでも当初はホーム画面の階層化ができなかったわけですが、アプリだらけになってもまだ任意の場所に移動できるという特性があったので救われていましたが、Kindleアプリではそれすら出来ませんからね…。

コミックのような巻がたくさんならぶ場合、巻によって著者名や題名にちょっとした差があるのか期待した順番に並ばない問題を抱えています。

しかも、閲覧後AndroidではBackすれば検索結果一覧に戻れるのに、iOS版では端末側の一覧表示に戻ってしまうので非常にストレスが高いんですよね…。

続報があればまた追記するようにします。

追記:2013/8/11 3:00:00

Amazonのサポートから次のような回答がありました。とりあえず承服できないので、追加の質問を投げています。回答次第追記します。

Kindleが異常終了する件につきまして、担当部署にて調査させていただきましたところ、200冊程度ダウンロードしたところでスクロールする際に反応が遅くなったり、エラーメッセージが表示される、という症状がみられました。

異常終了になるということはありませんでしたが、Kindleアプリの端末内のデータが660MB程のの使用でスクロールやページをめくる際に反応が遅くなる場合がございました。

このような症状に関しては、一度に読みこむ量が多すぎるために起こる読み込みエラーと考えられるため、端末内のデータを減らしてご利用くださいますようお願いいたします。

→続きはこちら:iOS版Kindleアプリの異常終了に関する追加質問をAmazonのカスタムサポートに送信中。 - MUTE